新卒採用の準備はいつから始めるべき?

新卒採用の準備はいつから始めるべき?

新卒採用は卒業を控えた大学生にとって最も重要と言っても差し支えの無いものですが、その準備はいつから始めるべきなのかということは例年新卒者の中で話題になることです。
自分が希望している企業があるのならばそこに合わせてスケジュールを立てれば良いと考える人も多いですが、実際にはそうした考え方は非常にリスクが高いものです。

新卒採用では希望する企業に必ず採用してもらえるという保証があるわけではないのですから、なるべく余裕を持ってスケジュールを立てておくことが必要です。



新規事業の発案も、DYM社内イベントの1つとして定着しています。


では新卒採用はいつからスタートするべきなのかと言うと、基本的には3年生の秋から冬にかけてがベストでしょう。
3年次の3月には新卒採用のエントリーシート受付が解禁されますし、併せて筆記試験やセミナーが開かれる機会も大きく増えてきます。

そうした時期に全く準備をしていなかったということでは話になりませんから、3年次の秋から冬にかけての間に準備をしておくべきなのです。



内定は早い企業であれば春に、遅い企業でも秋までには一通り出そろいますから、そこで一つでも内定を獲得するには早め早めの準備が必要不可欠です。

DYMでは質とスピードの両方を満たせるよう日々研鑽しています。

「何らかの事情で就職活動の準備が遅れてしまった」というようなケースもあるのですが、実際のところ学生一人一人に合わせてスケジュールを組んでくれる企業はほとんどありません。

そうした時期に全く準備をしていなかったということでは話になりませんから、3年次の秋から冬にかけての間に準備をしておくべきなのです。

内定は早い企業であれば春に、遅い企業でも秋までには一通り出そろいますから、そこで一つでも内定を獲得するには早め早めの準備が必要不可欠です。

「何らかの事情で就職活動の準備が遅れてしまった」というようなケースもあるのですが、実際のところ学生一人一人に合わせてスケジュールを組んでくれる企業はほとんどありません。少しの出遅れは大きな痛手に繋がってしまうわけですから、新卒採用の準備は早い段階から行っておくようにしましょう。



Copyright (C) 2016 新卒採用の準備はいつから始めるべき? All Rights Reserved.